2005年08月05日

言葉にするのは難しいのだけど・・・

TBSの「ヒロシマ」見ました。
ふざけてる訳ではなく、感じたことを少しでも残しておこうかなと。

カタカナで書くヒロシマって間違いなく、広島の人は誰でも原爆のことだと解かると思うんですよね。他県の人もそうなのかな?

一応、プロローグ?が15分くらいあって、その後風呂に入ったけぇ綾瀬さんのお祖母さんの話は聞けませんでした。風呂から出たらどこら辺じゃったかな?多分、原爆投下の分かれ道の少し前くらいかな。

被爆者の人の証言は目を背け、耳を塞ぎたくなる話でした。今までずっとそうやってきたのかも知れません。今回こうやって考えながら聞いたのは始めてかも。
九州出身の先生が言ってたけど、広島の子は平和教育が他県と比べて出来ているらしいんです。先生は宮崎出身と言ってましたが、原爆のことは少しやっただけだと言ってました。意外ですね。

分かれ道の辺は、原爆を落とす経緯が復習できて(もちろん始めて知ったこともありました)よかったです。解かりやすく作ってあったし。見ていたときは、過ぎたことなんだと冷めて、でもどこかむなしく見ていましたけどね。

後、これは番組をみる前じゃけど、綾瀬さんが恐竜と同じくらい昔のこと思っていた、私達・私達よりもっと若い世代の人達が伝えていかなきゃいけないと言う二つの言葉は非常に印象に残りその通りだと思いました。
特に、同じ広島に育った綾瀬さんが恐竜と同じくらい昔のこと思っていたと言ったことは自分にも当てはまります。平和公園なんて行かないんですよね。多分、小学校で行ってから無いんじゃないかな。それも(怖がって?ガキじゃけぇ?恥ずかしがって?)深く考えて無いけぇ、何があったかほとんど覚えて無いし、遠足の一つ、今日授業がないけぇいいわって思っていたような気がします。
中学生でも毎年折り鶴を折るのですが(平和記念式典の為の?)それも大して考えなくめんどくさがって折っていました。子供にそれを意識させるのは難しいと思うのですが、それでも伝えなきゃいけないと思うし、製作サイドにはこんな番組をもっと作ってほしいと思いました。もちろん、見る僕らも子供に目を背けさしてはいけないと思うし、何より僕らや大人がしっかりと目を開け、耳を開いて考えなきゃいけないと思いました。

話を戻すと、指が焼けるという話や、我が子を見捨てなければならなかった話、聞いていて本当に辛かった。我が子を見捨てる話といえば「はだしのゲン」ですが、あれが実際に起こっていたと思うと・・・
それ以外にも、自分の子じゃなくても人を見捨てるという選択をした(それしか出来なかった)という人は一生辛い思いを抱えているのでしょうね。
自分がもしそう言う状況になったなら(どんな大事な人でも助けられないと解かったら)やっぱり同じ。逃げるでしょうね、絶対に。

キノコ雲の上と下の当事者同士の対話は考えさせられるものでした。
どちらの言い分も解かるし、どちらも正しいと思う。真珠湾攻撃の詳しいことは知りませんが、政府はどうあれ民衆からしたら、許せないものでしょうね。
一方、ヒロシマを体験した人からすれば、地獄のような街。そして放射線の影響、多分これが核兵器の特徴(←適当な言葉がみつかりません)の一つでしょうね。
その時、そのばだけで殺すのではなく、長くに渡って人を苦しめるということ・・・
原爆症を描写した手記と絵がありましたが、あれも辛かったです。

最近、原爆関係番組を見ていて考えていることはいくつもあるのですが、原爆(核兵器)だけを廃棄すれば良いのかということ。兵器はどれも人を殺すためのものでそれにはなんら変わりは無いですよね。核兵器だけが廃棄されても地球に平和はこない。戦争に使う武器だけを廃棄する?どこから戦争って定義するんですか?人を殺すための・・・
人類という生物がある限り、答えが出ないし、それはまず不可能ですよね。(こう考えることが悲しいのですが)

確かに、核兵器は他の兵器よりも殺傷能力が高く、またその場だけでないという面で非人道的だと思います。でも・・・
どんな兵器でも、人を殺せばあらゆる面でその後の影響が出るのは間違いないと思うんです。だから、結局戦争をしないって事に結びつくんでしょうけど・・・

今僕は戦争について・・・なんて言えば良いのかな、まだ別の世界の話って思っているんです。あの番組を見た後でも、こんな感想を考え書いている間でも。
でも、第2次大戦以降、核兵器が使われて無いだけで、戦争ってずっとありますよね。アフリカとか中東とか。一番近いのはイラク戦争ですか。そこでは多分多くの人・子供が死んでて、それでも僕は全く何も知らずに、別世界で生活していると思っている。
戦争は人類がいる限り、無くならないと冷めて(カッコつけて・恥ずかしがって)平和なんて日本にいる限り大丈夫と思っている自分もいるし、臨まなかったとしても何かの縁でヒロシマに生まれ育ったのだから、何か出来ることがあるんじゃないか、何か伝えられることがあるんじゃないかと思っている自分もいる。

とりあえず、原爆関係の本や資料を見るだけでもやろうかナと思っています。今僕は語学の勉強をしているのですが、日本出身だと言えば地震や津波について聞かれると思うし、広島出身だといえば原爆について聞かれる可能性はあるんじゃないかって思っています。
その時に、僕自身が伝えたいって思っているんですよね。広島人の義務とかじゃなく、一人の人間として。その為にも、少しずつでも勉強して、自分の言葉で考えなりを話せたらと思っています。

う〜ん、やっぱ言葉にすることは難しいし限界がありますよね。でも、それでも言葉で伝えなきゃいけないんですよね。う〜ん・・・

どういでもいいけど、火垂るの墓とケンカ(被って)ほしくなかったです。(僕、火垂るの墓ってちゃんと見たことないんですよね。まあ、ちょっと前まで映画ほとんどがそうじゃったんですが。ビデオ撮っておけば良かった)


関連記事

快楽園さん
はてさて日記さん

くるるん。のえきちょ〜日記。さん
喫茶しながらさん
飛行機野郎0shunのつぶやき さん
わくわくみんとらんどさん
小説 ひつじ会さん
ごま日記さん
KeigoTの日記さん
時間があるときに読もう

はてなばっか・・・
すいません、他のブログの検索方知らんのです。

良い記事があったら教えてくださいね。
posted by ユータ21 at 22:54| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。