2005年08月12日

世界陸上6日目 強さを見せつける本命達

今日は寝つけずに完全徹夜状態で、見てしまった。眠い。


男子棒高飛び(決勝)

まず始まらん・・・
もうあの状態なら、延期にしたれよって思ったけど、スケジュールの関係とか、一度グラウンドに出ちゃったしね。
沢野チャンスはあったのに、微妙なズレかな?惜しかった。高さは出てたんじゃけど。

結果は平凡でしたね。あのコンディションなら仕方ない。今大会はコンディションが崩れることが多い。これで結果を出す選手は本当に凄い。


男子200m(決勝)

ガトリン強すぎ!ガトリン時代到来か?
何とかグリーンにもう一花咲かせて欲しいけど。
予想通りアメリカ勢が4位まで独占。これはアメリカ勢が強すぎた。これ見てると絶望的な気持ちになった。日本人がいくらフォームに手を加えたところであのパワーには敵わないんじゃ無いかって。彼らは走りも完璧じゃし・・・
末続夢を魅せてくれ。


女子200m(準決勝)

これもコンディション悪い。順当に有力どころが決勝へ。普通にアーロン、キャンベル、フェリクスの3強で決まりそうじゃけど。


女子100mハードル(決勝)

凄い面白かった。4人が最後まで並んだけど、ジョアンナ・ヘイズ選手これは悔しいでしょうね。ペリー選手がデッドヒートを制して優勝。2・3位にジャマイカ選手が入ったのが嬉しい。


男子110mハードル(準決勝)

アレン・ジョンソン好調そう。決勝のこの調子でいこう!


男子800m(予選)

これはラムジが磐石かな?エルゲルージに匹敵するような雰囲気がある。


今日はいよいよ女子棒高決勝。5mなるか?お天道様、今日は晴れれてください。
posted by ユータ21 at 14:03| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5824699

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。