2005年08月13日

世界陸上7日目 伝説者達の序章

昨日までのバッドコンディションが嘘のようなグッドコンディション。今日は楽しみって思ってましたよ。そして、このお天道様が機嫌良くしてくれたことで今日は面白い展開がいくつも見れました。放送競技は全て見ました。全日程の中で一番面白かったかも知れない。


女子棒高跳び(決勝)

イシンバエワnewワールドレコードキタ━━(゚∀゚)━━!!

今日のハイライトは何といってもこれでしょう。まあ、競技自体は一人だけずば抜けてて、5m60cm一発で飛んじゃった時点で金はほぼ確定じゃし、となると記録って見てたけど正直出すとは思わんかった。スゲー。5m5cmは難なく行けそうじゃね。

う〜ん、今回は記録のみの見どこらじゃったけど、やっぱライバル関係も見たい。フェオファノアどしたんじゃろ?二人で切磋琢磨して更に上を目指して欲しい。


男子110ハードル(決勝)

ハードルなぎ倒し男キタ━━(゚∀゚)━━!!
でも、その割り食って、銅メダル。最後はリュウショウにもかわされた。これを衰えととるか微妙なズレととるかはそれぞれじゃと思うけど、僕は希望も込めて後者。準決までは圧倒的じゃった訳じゃし、決勝は慎重になりすぎたのかな。
で、ライバル関係が生まれそうなのがこれ。リュウショウは準決同様スタートから中盤までの伸びが出なかった。
でも、これはドゥクレがよく粘りましたね。中盤、少し失速したアレンをかわして、猛追するリュウショウを抑えた。ゴールまでの大接戦。100分の1秒の戦いと微妙なズレの差というメチャクチャ面白い試合でした。


男子400m(決勝)

ウォリナー43秒台キタ━━(゚∀゚)━━!!
圧倒的でしたね。クリストファーは伸びずに3位。
400まではブラックアフリカン強しってイメージなんじゃけど、もう必ずしもそうじゃないかも。これは日本人にも希望が。まあ、それでもパワーは圧倒的に違うでしょうが。


女子200m(決勝)

スタートからアーロンが積極的に仕掛けたけど、最後の最後でバテテ3位、残念。それでもシーズンベスト、よく頑張った。最後はフェリクス・スミスのアメリカ勢が強さを見せた。

男子800m(準決勝)

全ての組が決勝レベルの争い。それぞれの組で有力どころが、それぞれの強さを見せ順当に決勝進出。
1組のラムジとボルザコフスキー、2組のアリ(ただムラウジが落ちたのは残念)、3組のリードとブンゲイ。これが一堂に集まるのは楽しみ。潰しあうのか、持ち味を発揮し合うのか。


女子1500m(予選)

まさに格闘技でしたね。いや〜、女の熱い闘いに注目。


男子4×100mリレー(予選)

リレーが来るといよいよ最後かってちょっと寂しくなりますね。
1組目ではいきなり波乱。アメリカがバトンミスで失格。結局グリーンは走らずと。グリーンからガトリンへって妄想していたので残念。
日本にとってはメダルを狙う上でいいこと。アテネでは4位といっても上三つとは開きが大きかった。タイムは全体出5位。順番を変えるのか注目ですね。
フランスはやっぱ強い。ジャマイカはアンカーへのバトンの時、若干ミスがあったけどあの追い込みは凄かった。


女子4×100mリレー(予選)

日本はさすがに厳しかった。インタビューで見せた涙が、世界へ近づく気持ちになると信じています。アメリカが磐石でジャマイカが2位かな?バハマは残念。


男子競歩

山崎選手が入賞。おめでとうございます。
もうちょっとプッシュしても良いような。4時間近く歩くってどんな感じなんじゃろ。

男子走り幅跳び&走り高跳び

この競技見てていつも思うけど、人間とは思えないですね。
日本人選手は残念。まだまだ厳しいか。


今日からいよいよマラソン開始。日本メダル期待していいの?リレーも決勝。辛かった睡眠不足も後二日と思うとちょっと寂しかったり。
posted by ユータ21 at 08:03| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。