2005年08月13日

今週のWWE

今週は野球中継の影響を受けることなくSDがしっかりビデオに撮れてました。

まずは、RAW(634)いつも通りWWE ZONEさんレポートから。

カリートとベンジャミンっていつまで続くんじゃろ?本格的な抗争の匂いがしない。カリートキャラ的には試合のフィニッシュ良いじゃろうけど、そろそろムーヴ確立せんと飽きられような気がする。

ケインとマットはどう絡むんじゃろ?3つどもえの争いになるんかな。

ホーガンとHBKは良くも悪くもホーガンのいつも通りの試合になりそう。HBKどっちに転ぶんじゃろ?勝てばわがままHBK発動しそうじゃけど、負けりゃあ立場ないんじゃない?
D-X復活か?

ジェリコとシナの音楽対決?試合よりこっちの方が面白かったりして(笑)
スニツキーは使い勝手の良い負け役としての地位を確立したかな。


続いてSMACKDOWN(309)

スペル(スペイン語でスーパー)クレイジーとレイの試合は、展開は遅かったけどさすがの動きじゃった。エディとベノワの試合も凄い(この対決何回も見とるけどね)互いが乱入するもの予想通りで・・・
エディはGBAで負けると思うけど、どっちにしろ秘密はばらしますよね(笑)
下手なんじゃったら怒るで(マジで)
エディはレイレイとの抗争が終わった後、どう向かうんじゃろ?やってもサマスラまででしょ?

この時期にあんな演説させるとはさすがWWE(苦笑)
WWEはアメリカ国内での人気回復に必死なんでしょうな。シナやバティの王座像がプッシュされているのもその為。どんな逆境も跳ね返すとか、パワーで押さえ込むとかね。
この放送で世界的には少し人気落ちたかも。正直、異国人にはハサンの言っとることの方が、正しいと思うしね。

ディーバの争いはなんぼ若いのがでしゃばってもトリーが出てくると一気に存在感がなくなる。あれはしばらく変わりそうにないね。それくらいトリーの美貌や存在感は圧倒的。彼女が試合免除されるのもわかる。それはどーんも一緒じゃったけど。どうでも良いけど、ブーツでのキックは痛そうじゃった(笑)

アニマルはさすがに長時間はキツイんでしょうな。それでも肩車したのはスゲー。これが今週のハイライト?
posted by ユータ21 at 17:05| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | WWE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スペイン語の単語学習
Excerpt: スペイン語の単語、今回はこれです。単語 : souvenir意味 : お土産
Weblog: スペイン語の単語学習
Tracked: 2005-08-14 21:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。