2005年06月12日

リバプールCL問題決着

というわけで、リバポには予選一回戦からの出場権が与えられました。

スポナビ

UEFA.com(1)

UEFA.com(2)

出場全チーム (fuoriさん)

やっぱ納得いかんな。

なんぼチャンピオンて言ってもよ。だったら最初から前チャンピオンは無条件でってルールにしとけばいいのに。

「チャンピオンは防衛する権利がある」って、ボクシングじゃないんじゃけぇ。

大体、このチャンピオンズリーグ、最近はその存在がでかくなりすぎてるように感じる。

もちろん、好きなチームが勝ち上がればしたら嬉しいし、熱狂もする。

でも、後で冷静に振り返ってみると、やっぱ何か釈然とせんものが・・・

各国のリーグに順位なんかつけて、この国は何チームなんてやってるけぇ、こんなことが起こるんじゃろ?

もうええじゃん。前年の結果も関係なく、各国上位2チームが出場で。

んで、3・4位がUEFA杯。5・6(余裕があれば7・8まで)でまた新しい大会作れば。

チャンピオンズリーグが第一目標なんて何か納得いかん。

国のレベルをあげたいなら、UEFAはまず、国内リーグの活性化が最優先でしょ?

まあ、ボスマン判決とG14のおかげでそんなことはありえないけど。

G14はそんなに金稼ぎたいなら、マスターリーグみたいに自分らだけで勝手にやってくれよ。

 

サッカーが1スポーツから落ちるとは考えられんけど、昔のように一人勝ちする姿ももう考えられんね。

 

posted by ユータ21 at 18:50| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

アーセナルvs リバプール

感じたことをささっと。

まず、両チーム非常に前線からプレスの強い試合で始まったが、徐々にガナーズがペースを握る。

両チームを見たときに、やはりガナーズのほうが個々の技術が上なのかなと。

パスの繋ぎやフリーランの積極性などで上回っていた。

動き出しが早いし、パスはどんどん繋がるし、次のプレーを考えて動いている感じ。

まあ、リバポはアウェイということで慎重になっていたんだと思う。

2点取られて前に出るしかなくなった後半は、動き出しも早くなって何度もチャンスを作っていたし。

それにしても、ガナーズはポゼッション時だろうが、カウンター時だろうが、ショートパスがぶれない。

後半は少し改善されたが、何度も息が合わずチャンスをつぶしていたリバポとはえらい違いだった。

もう一つ気になったのは、ガナーズのポゼッション時の攻め方。

速い(強い)ショートパスを皆が動きながら受け、また確実に次に繋いでいくサッカーは見てて面白かった。

後ろからもどんどん人が飛び出して、最後まで駆け抜けていたし。

ポゼッションを握れば握るほど、全員が動かなければ点はとれないというのを改めて教えてもらった。

試合の結論としてはやはり決定力。

何度チャンスを作っても決め切れないリバポとは対照的だった。(それだけ、ガナーズ守備陣が最後の所で頑張っていたともいえるけど)

選手としては、やはりジェラードとシセ。

ジェラードの右足は本当に凄い。ベッカムとはまた違った魅力がある。

ベッカムは柔らかいボールを蹴る感じで、ジェラードは強いボールを蹴るみたいな(チョー、曖昧)

シセは動き出しの早さと、やはりそのスプリント力。

後はシュートの場面での落ち着きと精度を高めたい。

posted by ユータ21 at 09:43| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドユース オランダvs日本

とりあえず、ある程度の流れと雑感を少々。

開始直後からオランダの速いパス回しに日本は全くボールを触らせてもらえない。

その中でオランダの左ウイング。アベイー?が二度程スピードを活かした突破を見せる。

 

先制点もそのアベイーから。これまで縦を突破されていたため、対応していたDFは縦を切る。 そこに一瞬スペースが生まれPA内へバベルが走り込む。アベイーはそこにボールを入れる。 バベルが空けたスペースにクロスするようにアフェライ?が走り込んで冷静にシュート。あっさり先制する。

追加点もオランダ。日本がやや押し込んでいたが奪われ、自陣にいたアベイーへ。ここからアベイーが70m近く突破を見せる。 日本は3人で対応していたが、相手にされず最後はあっさり中に折り返され、A代表でも活躍するバベルに決められた。

直後の19分。日本はファーストシュート。左サイドで平山が起点を作り、戻してクロスを入れると、 家長がフリーで頭で合わせるが僅かにゴール横。

その後は、オランダもペースを落とす。日本はCKなどから何度かそれらしいシーンは作るが、ミスだったり、 しっかり封じられたりと出ゴールは奪えない。

 

個人的に気になったのは、オランダの両ウイング。左のアベイーは速さだけでなく強さも兼ね備えた突破を見せ、 日本選手にしてみれば未体験ゾーン突入だろう。

右のフィンケン?はワンタッチで前を向くのが上手い。突破にしてもスペースに上手く出す感じ。

 

後半開始してすぐに日本がチャンス。スローイン(だったと思う)からアーリークロスを放り込むと、 中で本田が合わせるがゴールの僅かに上。

前半の家長のシュートやCKからのチャンスでも見られたが、オランダの守備陣はアーリーに対してボールウォッチャーになり、 中のマークがずれる(遅れる)形が見れた。日本はどんどんアーリーを放り込みたい。

しかし、オランダはゆっくり時間を消化していく。

攻めはアベイーの突破か、バベルのポスト、そしてそれで得たFKで主なチャンスを作る。前半ほどガンガン来るわけではないが、 それでもFKとアベイーの突破は危ない場面が続くが、西川を中心に何とか凌ぎきる。

日本は22分ようやく一点を返す。

交代して入った水野が右サイドからのFKを入れると、平山が体を先に入れて頭で合わせてゴールに叩きこむ。

その後、オランダも少し攻めに出て、バベルは交代してしまったので、アベイーの突破を中心に、 時に右からもクロスを放り込むが得点は出来ない。

日本も森本を投入するなど攻撃の駒を増やして前掛かりになるが後一歩決めきれず。

ロスタイムにアーリーを落としてカレンがフリーで1vs1を向かえたがシュートを浮かしてしまいジエンド。

もったいない勝ち点一を逃がしてしまった。

 

印象としては、オランダは攻撃も守備もまだ組織として出来てなく、個としてやっていたのかなと。

特に守備の時の連携の無さは酷かった。

日本としてはそこを突きたかったわけ(アーリークロスをどんどん放り込みたかった)だが、30%のポゼッション率が示すように、 個の部分での技術・戦術で大きな差があったのかなと。

具体的にいえば、中盤でボールを奪うことが出来なかった。自分が寝そうだったので時間があれば見返してみるが、 多分そこで奪えなかったのは、やはり個人技の差なのかなと。

この試合は一見、もう少しと思えるような試合じゃけど、僕は凄い世界との差を感じた試合じゃった。

アベイーの目に見えた突破は別格としても、やはり細かい部分、トラップの正確さ(次のプレーを考えたトラップ)とか、 正確なシュートパスとか、そのスピードの変化(回すスピードをあげて、前線に持っていく)とか、 そういう部分での差があったんじゃないかなと。

自分はまだそこまでの観戦眼がないけぇ、断言できんけどそれはあると思う。

スコアに惑わされずに、選手達には(もちろん協会・コーチにも)明確だった個の差を自覚して、世界を目指してほしい。

posted by ユータ21 at 09:26| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

気になるニュース(W杯中心)

まずは、W杯予選から

北中米カリブ海予選結果(スポナビ)

ここは、アジアと同じく金銭枠貰ってるし、図抜けた2チームがきっちり突破。それだけのこと。

 

次は欧州予選。

チェコ、マケドニアにきっちり勝利。(UEFA.com)

第一(ひいき)チームのチェコきっちり勝利。

先制されたけど、その後虐殺モード突入。・・・見たい

 

第二チームのデンマークは勝利したけど、プレーオフも厳しいかも・・・

とにかく頑張れ。

 

オランダ、快勝?(UEFA.com)

こっちはスポナビレポート。(スポナビ)

第三チームのオランダも勝利。

でも、内容はあんまりじゃったらしい。

この分じゃチェコが逆転するかも。でも、前回の対戦も内容はチェコながら、スコア的には2-0じゃったし。

正直、どっちも出場してほしいし、複雑。

 

ポルトガル、勝利。フィーゴがアシスト!(UEFA.com)

さすが、フィーゴ。それだけ。

 

ウクライナ、着実にW杯へ(UEFA.com)

シェバの夢が叶いそう!

監督辞任問題とかあったけど、もう決まりでしょ。

どこの世界も政治家はバカじゃけぇ。

 

スペイン・・・(スポナビ)

国内リーグの実力と魅力は文句なく1ながら、代表の実力は・・・

今は、チェコとかデンマークはのみならず、ギリシャとかよりも弱いんじゃない?

って、チェコもデンマークもEURO制してて、実績でも負けとるよね。

まあ、それだけリーガ・エスパニョールが魅力的ってこと。

ここは、国民性や地域性の問題もあるし。

 

アルゼンチン、南米予選一抜け決定(スポナビ)

南米はアルゼンチンがブラジルを破って一抜け決定。

アルゼンチンはオランダと並んで第三チームじゃけぇ嬉しい。

それにしても、やっぱ南米が4.5ってのは・・・

 

ガウボンの代役は? (中国新聞)

んで、最後はこれ。

最有力候補はベットとのこと。

ベットはどうじゃろ。最後の部分でゴールが決めれんけぇね。

盛田も運動量とポストだけじゃし、って90分はもたんじゃろな。

どっちにしろ、一長一短はありそう。

てか、ほかのFW頑張れよ。

ジョルジとかキムタツとか。

posted by ユータ21 at 17:12| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

祝W杯出場決定!

え〜、全く自分の中で盛り上がらないんすけど・・・

まあ、「ジョホールバル」程の興奮はもう味わえんじゃろうけど、今回ほど盛り上がらんことももうないじゃろな。

いや、あの協会じゃあまたバカやってくれそうな・・・以下略

んで、いろんな人がこれに乗っかるじゃろうでど、どうせJは見んのんじゃろな。

サンフとかジェフとかは今の日本代表よりよっぽど面白いサッカーをしとると思うけどね。

まあ、いいや。これが日本の選んだ道ならば、これで行くしかないでしょ?

一応良かったんかな?協会の間違いを完全に解からせるためでも、出場出来ないのは痛いしね。(別にそれでも構わんけど)

本大会で大虐殺されてもらいましょ。絶対他のチームには舐められて見られるし(油断するって意味じゃなく)、 それにふさわしい内容のサッカーしか出来ないでしょ?

何か、それなりの内容ボロボロでも結果残しそうな悪寒はするけど。

posted by ユータ21 at 07:52| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

ヴィオラダービー?

本当にやるの? 決定?

北朝鮮戦の最中ですが、僕にはこっちのほうが大事です。(キッパリ)

北朝鮮戦は横目で見ながら(ほとんど見て無いけど・・・)

本当に決定と見ていいんすか?

それなら絶対見にいかにゃあ。

記事によるとヒデの出場が条件らしい。

正直ヒデには移籍してほしいけど、それでも目の前で見れるならね。

ヴィオラにはそれ以外にも、ミッコリ・キエッリーニ・マレスカとスーパー選手がいっぱい。(皆ユーベに獲られそうじゃけど・・・)

まあ、それ以外にもボジノフ・オボドとか居るしね。

でも、ヴィオラも強硬日程らしく、ベストで来るかは微妙・・・

まあ、それでもいいや。駒ッチ、ここでアピールして一気に海外羽ばたいちゃえ!(5億くらい残してね)

 

P.S. 北朝鮮戦をTVで見ている理由は、ハンジェが何でもいいから点取ってくれないかな〜と(笑)

     後、中澤の怪我が悪化しないようにと。

posted by ユータ21 at 21:05| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さあ、北朝鮮戦!

まったく気合が入りません・・・

勝手に盛り上がってください。

水沼さん、そんな無知前回のみの発言難かにまじめに答えないでください。

てか、マスゴミの皆さん、もう関わらないでください。

今の世の中じゃ、政治家とマスコミを信じている人は少ないでしょ?(てか、いない・・・)

こんなもん信じちゃったら、バカ見ますもんね。

んで、唯一気になる本大会ですが、

キャプテンのこの発言で望みは完璧に断たれました・・・

本大会で虐殺されてください。

まあ、勝てるわけないけどね。

金銭枠貰って(具体的には日・中・米って中国は落ちたけど(笑))

出場する日本が。

ヨーロッパはチェコとオランダのどっちかがプレーオフに回るような状況じゃし、デンマークは出れんかもしれんわけじゃし (ここまではひいきチームの話)他にもフランスとかスペインとか人気国は苦戦しとるんじゃし。(まあ、この2チームは強化法やその他諸々・・ ・以下略)

南米予選でもアルゼンチンとブラジルはやっぱ抜けとるけど(安定感が違うけど)、それでもアウェーじゃ勝てんくらいなんじゃし、 ウルグアイ・チリ・パラグアイ・コロンビア・エクアドル・ペルーetcこの中から何チームかは落ちるんよ。

アフリカもこの2地域程じゃないにしても、やっぱ厳しいよ。

そんな激戦区勝ち抜いてきたチームが、金銭枠貰ったアメリカや日本に負けるわけはないでしょ?

本大会で日本とひいきチームが当たったら(チェコとかデンマークとか)、それが決勝でもひいきチームを応援するよ。

僕は基本的に代表よりもクラブじゃし、誰が監督でどんなサッカーをしてても、自国を応援するというほどの肥えた目は持ってないので、 いいサッカーをしてるチーム、自分がずっと好きだったチームを応援さしてもらうよ。

posted by ユータ21 at 18:10| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポナビコラム

いつも勉強になる木村浩嗣のコラムを備忘用に。

こっちはスペイン代表へ苦言を呈したコラム

posted by ユータ21 at 17:48| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

気になるニュース

昨日のニュースじゃけど、どうしても外せないのがあったので。

ユナイテッド、ウィークポイントのGK誰獲るかな〜って、思ってたんですよ。

ビッグクラブ嫌いの僕としては、正直獲らんで良かったんじゃけど。

で、昨日ニュース見たら信じられん記事が・・・

ファンデルサール、ユナイテッドへ(UEFA.com)

ファンデルサール、僕の一番好きなGKなんですよ。

アヤックスがトヨタカップで来て、その前かアメリカW杯で見て、あの飛び出しと反応の速さね。

CL制覇組みのアヤックス戦士がどんどん出て行くなか、残ってね、アヤックスでやってたわけですよ。

んで、ユーベに行って、

あん時は「あ〜、ついにファンデルサールもか・・・」

なんて思ったけど、結局不遇の時を過ごして、いつの間にかフラムで稲本とプレーしてて、

あれはビックリしたね〜。引退したと思っとったけぇさ。

去年のEURO見た感じじゃ、まだまだ一線でいけそうじゃし、とにかく少しでも長くやってほしい。

個人的にはベルカンプとの対決が楽しみ!

ベルカンプとファンデルサールはオランダでも特に思入れのある選手じゃけぇね。

posted by ユータ21 at 18:26| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

気になるニュース備忘用

三つだけ備忘用に

オランダ快勝

これは嬉しいニュース。チェコも勝ったみたいじゃし、前回出れんかった僕の大好きな2チームは今回はいけそう。

でも、どっちかがプレーオフに回るんよね・・・

まさかがあり得るからね。W杯予選じゃし、ましてヨーロッパ予選なんじゃけぇ。

どっかの経済効果狙いで超肥大枠貰っとる地域とはわけが違(・・・以下略)

後、個人的にはスウェーデンとデンマークが出てくれりゃ最高なんじゃけど、スウェーデンはいけそうじゃけど、デンマークは厳しいかも・ ・・

 

梅田、湘南へ

才能レベルはJ2 クラスじゃと思うけど、とにかくコンスタントに出れるとこに行ったほうがええよ。

使い方さえ確立すりゃあ、大丈夫じゃと思う。

 

藤田、名古屋へ

結局名古屋か・・・

浦和のほうがメンバー見ても、使い方も良いと思うけど、磐田が移籍金の額でゴリ押ししたんじゃろな・・・

てか、磐田さえわがまま言わんにゃあ、まだオランダ居ったと思うし、ここぐらい俊哉の希望聞いちゃれよ。

まあ、名古屋でも充分活躍できるじゃろうし、本田とかが良いとこを盗んで成長するかもしれんし楽しみ。

それにしても、トヨタマネー恐るべし。

 

中山ゾーン(爆)

最後にこれ。

結構前のニュースじゃけど、忘れとった奴。

隊長、面白すぎです(笑)

posted by ユータ21 at 07:15| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

ナビスコカップ予選リーグ第5節 サンフレッチェ広島vsガンバ大阪

という訳で行ってきました。

メンバーはこんな感じ

サンフ

    寿人   ガウボン

      クワシン

  茂原         浩司

       カズ

 公太 小村  ジニーニョ  駒野

       下田

交代

ガウボン → 盛田(35分)

寿人   →  柏木(68分)

浩司   →  キムタツ(73分)

 

ガンバ

  フェンルナン  吉原

       アラウージョ

 児玉  橋本   二川   渡辺

   實好  シジクレイ  山口智

          松代 

交代

児玉          → 前田(45分)

フェルナンジーニョ →  松波(64分)

渡辺                        → 岡本(74分)

 

ガンバのほうはかなりアバウト。アラウージョはかなりいろいろ動きまわっとったし。

んで、試合展開はメモとってないのでうろ覚え。まあ、せとさんとことか、 かささんとことか、 いろいろ詳しいとこはあるし、そっちを参照。

自分にはそんな観戦眼も文章力もないしね。

開始直後いきなりサンフが攻め込み「おっ、今日は!」と思わせる。

しかし、3分に左からのクロスに右の渡辺にフリーでゴール前まで飛び込まれてしまい、あっさり失点。

やっぱナビスコはダメか・・・な空気が流れる。

んで、結構攻められてたような気がするが、11分にクワシンがゴールを決めて(たぶんプロ初ゴール)同点に追いつく。

流れとしては、ジニーニョ自陣ゴール前で完璧に読みどおりにインターセプト → そのまま持ち上がる → 右の駒野に渡す → 詰まっていたのでサイドチェンジ → 公太が受けて中に切れ込む → クワシンにパス → クワシン冷静にコースを狙ってシュート。

自陣ゴール前からでも結構流れるような攻撃で面白かった。

その後は、のほほんとした雰囲気で時間が経過する。サンフはやっぱナビスコは気合が入らないらしくグダグダ。 具体的には前線の動きがない。

34分にはガウボンが負傷退場。盛田にスイッチ。まあ、盛田の投入は規定路線だと思うので、早まっただけ。

ただ、ガウボンは右腓骨遠位端骨折、前距腓靭帯損傷で全治6週間らしい_ ||

どうしよう・・・

J再開にはギリギリで間に合いそうじゃけど、もし間に合わんかったら・・・

ジョルジはまだ未知数で使うのは怖いし、まあでもええじゃろ。

盛田もおるし、茂木も俊介も成長して帰ってくるじゃろし、気にせん気にせん。

ガウボンはジョルジ同様、 成長を見込んでの獲得じゃと思うけぇ今シーズンで慣れて来シーズンに爆発してくれりゃあええ。

って今シーズン絶望なわけじゃないよ(笑)

とにかくFWで一番使われていたんで、ゆっくり休んでね。

 

閑話休題。

ガンバのほうもこのままでいいや。って感じでゆっくり試合を進める。

ただ、ガンバはカウンターの切れ味が鋭く、何度もゴールに迫る。

後半に入っても同じような展開で始まるが、10分にサンフが逆転する。

シジクレイのクリアミスを寿人が拾って最後は1vs1を冷静に流し込む、ごっつぁんゴールを奪う。

寿人の気持ち

チクショー、また可能性のないロングを放り込みやがって →  走らせすぎなんだよ →  ほら、また取られ →  おっ、チャ〜ンス →  ラッキー →  イエ〜イ

て思ったわけないが、とにかく逆転。

この後ガンバが本気になり、ゴールを奪いに来る。

得点した後に失点するという最悪のパターンは避けたい広島だが、その香りプンプン。

CK・ミドルと好きなようにやられるがポストにも助けられて、何とか無失点に抑える。

23分に柏木が投入されてからは、柏木に多く注目してました。試合はもう泥試合っぽかったし。

今日はとにかく、バイタルを空けてそこをいいように使われていた感じ。 カウンターでバイタルが空くのはしょうがないけど、それをいかに速く戻ってカバーするかがポイントになるかな?

攻撃では、やっぱ前線に動きがないと強烈な個のいないサンフは停滞する。 ポゼッションの時もとにかく動き回ってほしい。(いうのは簡単じゃけど・・・まあ、試合の流れを見ながらね。)

後、浩司と公太は心配・・・

浩司はちょっとどう言っていいのか解からんけど、自分自身も迷ってプレーしとる感じがした。今日は右で先発。 その後、左に移動したり真ん中いったりといろいろしとったけど、使い方を固定してあげたほうがいいかも。まあ、 今日はクワシンが良かったけぇね。

公太は相変わらず・・・

何度もフリーランしたり、完全にフリーでポジションしたりと、運動量はええんじゃけど、 クロスの精度が・・・

中断期間で修正してほしい。

若手に関して

プリンスは周りとの連携はまだまだじゃったけど、運動量とか片鱗は見せた感じ。 キムタツはほとんどボールに触れず評価できない。

クワシンは得点シーンもそうじゃけど、とにかく良く動き回ってた。大木・ ベットが出れん時の戦力になり得ることを証明した。

中断期間でレギュラー争いするぐらいの気持ちでやってほしい。

後は、洋次郎じゃね。とにかく次の試合はカズを休まして洋次郎を使うぐらいの気持ちでやってほしい。

最後に次の試合のスタメン希望

  寿人(ジョルジ) 盛田

   浩司     クワシン(キムタツ)

   洋次郎    茂原

入船(公太) ジニ  西河  森脇

       下田(上野)

とにかく、もう上には行けんじゃろうけぇ、若手をいっぱい使おう。

多分グダグダになるじゃろうけど、トップの雰囲気を感じてほしい。

洋次郎と森脇にはチャンス与えて上げてよ。後キムタツにも!

posted by ユータ21 at 21:52| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の予定

何とかバーレーン戦は勝ったようで、 一安心。

協会の間違いを完璧に解からせるにしても、W杯不出場はあまりにもダメージが大きいと思うので。

(まあ、それでマスコミとにわかファンが離れてくれるならそれもいいけど・・・)

僕は寝過ごして見てません(笑)

一応、目覚ましはかけといたんじゃけど起きたときには3:57…えっ? (°θ°;)

急いでネットをみて勝ったことを知りました。

その後はいつも通りトレーニングの開始。特に何も思いませんでした。

 

んで、今日はナビスコ大阪戦を見に行く予定。

ズムサタの小っちゃい天気予報で広島は雨が降るかもって感じの予報になっとるけど、 今んところ全くそんな気配なし。また、今日からとうかさんで浴衣の女性もいっぱい来るかも?な感じでそれが一番の楽しみだったりして(オイオイ)

BIG FLAGさんところによると、プリンスことユースの柏木のスタメンが濃厚みたいなんで楽しみ!

それ以外にもクワシンにももう一度チャンスが与えられそうなんで面白そう。

洋次郎はメンバーに入ってないけでど、キムタツはベンチ。

チャンス与えてあげてね、小野さん。

今日も若手と、ガンバの快速3トップ(アラウージョ・吉原・フェルナンジーニョ) を堪能してきます。

(アラウージョにはファンサカで随分お世話になっとるし。)

posted by ユータ21 at 07:23| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

ニュース少なめ

トルシエ解任(UEFA.com)

まあ、CLだけじゃなくUEFAカップまで逃しちゃあね・・・

就任当初は調子良かったんじゃけど。

また、楽天あたりが狙うんかな?

ジェレミーさんは中国就任を推薦しとるけど、 確かマルセイユの前にそんな話なかったけ?

個人的にはやめてほしいな。反中感情とかじゃなく、普通に強くなりそうじゃけぇ・・・(いや、日本が強けりゃ関係ないんですよ!)

てか、ナカタコどうすんじゃろ。

 

ビム・ヤンセン氏、フェイエのテクニカルアドバイザーに。(UEFA.com)

次は、サンフファンにはかかせんこれ。

サンフに関係した人間がこういうのに登場するとすぐに反応してしまう、ミーハー君です。

あんまいい思いでないけど、ポイチさんの自伝にも載っとったけど、 ヤンセンがやろうとしたサッカーがあの時代のサンフにはあまりにも高度過ぎただけじゃしね。

とにかく、応援します。(フェイエはあんま好きじゃないけど・・・)

(てか、バクスターさん帰ってきてくれんかな)

 

ベルカンプ契約延長!(スポナビ)

最後はこれ。

とにかく決まってくれて良かった。それだけです。

ベルさんといえば、アメリカ・フランスの両W杯で僕が最も凄いと思った選手の一人。

特にアメリカでのベルさんとバッジョは最高でした。

この人きっかけでオランダ好きになったみたいなとこあるしね。

 

他にも気になるのはようけあるんじゃけど、きりがないんでここまで。

posted by ユータ21 at 16:12| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

ニュース備忘用

まずは2005-05-30

マジョルカ残留(スポナビ)

ヴィオラ・レッジーナ残留(スポナビ)

とりあえず危険だった3チームはすべて残留決定。イナのWBAも残留してるし、日本人所属しているチームはすべて残留。

後、松井のルマンが昇格ということで、これだけ見ると良いんじゃけど、フェイエはCL,HSVはUEFAカップを逃したし。

まあ、今回は運が降格圏のチームにあったのかな?

んで、大久保はマジョルカに完全移籍が決定的じゃけど、ヒデと俊輔はどうなんじゃろ。

ヴィオラは残った事で逆に出やすくなったんじゃない?ヒデにセリアは合わないと思う。

もちろん俊輔にも。コンフェデでインパクト残して、ヒデはプレミア、俊輔はリーガあたりに引き抜かれちゃえ。

 

リヨン、新監督はウリエ氏(スポナビ)

まあ、あれだけの内容と結果を残しちゃうと、誰が後任やっても難しいと思うけど。

この監督よく知らんけど、実績だけ見ると凄いね。

 

2005-05-31

ヤンクロフスキ、ミランへ(スポナビ)

出番あるの?

多分左SBでの起用がメインじゃろうけど、まあ、チェコ代表のために頑張れ。

 

アーセナル、ロビーニョ獲得金額の一番手へ(スポナビ)

結局どこ行くのよ?

まずは、ロナウドとかロナウジーニョみたいに、オランダとかフランスあたりでやったほうが、って気がしないでもない。

どっちにしろプレミアかリーガみたいじゃけど、俺はポルトガル語と同じ、ラテン語系のスペインに行ったほうがいいと思う。

って、どっちにしろビッグクラブじゃけぇ、あんま関係なし。

 

横浜FMアデマール退団(スポナビ)

まあ、規定路線。もともとACL要員じゃったし、それがなくなった今完全に余剰戦力じゃしね。

でも結局何もせんかったの。

んなことより、FMがまたどんなスーパー名選手連れて来るかのほうが気になるわ。

 

ウェストハム、プレミアリーグ復帰(UEFA.com)

そういや、ウェストハムは2部に居ったんか。復帰おめでとう。

んで、ウェストハムと争ったんは100年以上前の名門チームらしい。

これを取り上げたんは、Jでも今年から始まるプレーオフに期待を込めて。

100年後レッズとかFマリとかがこんな状況に陥るかも知れん。

サンフは勘弁ね。もう経験したけぇええじゃろ。

posted by ユータ21 at 18:07| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

ニュース備忘用

とりあえず、ヒデも中村俊輔もヨシトもチームは残集を決めたようで何より。

今後の去就とか、その他リーグのニュースとか記録紙ときたいことはいっぱいあるんじゃけど、時間がないので後でやろう。

posted by ユータ21 at 18:34| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

ニュース備忘用(2005-05-29)

 

まずは海外

 

伸二移籍はオファー次第(スポナビ)

まあ、今のフェイエの状態じゃったら出たほうがいいと思う。

ただ、怪我がちなんでそこがオファーを出すにも、金額的にもネックになるんかな。

 

ファンデルファールトHSVへ移籍決定(スポナビ)

これはキャリアダウンじゃあ・・・

まあ、ビッグクラブ嫌いの僕が好きな数少ないG14内のクラブ、アヤックス出身 (他はバルサとリバポ)じゃし、これまた大好きなオランダ期待の星じゃし、ウイイレでは一時期世話になったし頑張ってほしい。

 

ネドヴェドまだまだ現役続行を示唆?(スポナビ)

僕の大好きなチェコ代表から引退したのは残念じゃけど、 大好きなプレーヤーの一人じゃしまだまだ続けてほしいね。

 

サンフ

ナビスコヴェルディ戦(J's GOAL)

まあ、見てないけぇなんともいえのんじゃけど、やっぱ駒のチームらしい。 公太は今シーズン初アシストじゃったけ?

まあええや。来週はどんな若手が見れるか楽しみ(泣笑)

 

U-20代表 俊介・一誠・吉弘が選出(スポナビ)

俊介は結果残してるし、たぶんスーパーサブ的な使われ方よね。 一誠はユーティリティさを買われてか。吉弘は間に合ってよかったね。

あんま興味無いんじゃけど(笑)いい経験になればいい。後、これを目指しとった森脇やマナ (中尾)去年までは主力?洋次郎、その他この世代選手はこの悔しさをばねにして、 五輪後のカズみたいに上を向いてくれりゃいいよ。

他のメンバーを見て見ると、完治してない梶山が入っとるけど、やっぱ当てにしとんじゃな・・ ・

大熊さんで五輪目指すつもりか?

ビエルサとかビアンチとか呼べよ。イヤ、サンフに来てくれるんならそれが一番ええけど(笑)

 

後でまた追記するかも。

posted by ユータ21 at 16:07| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WBAvsアーセナル

という訳で本日2試合目。

結局2位で終えてCL本選ダイレクトでの出場権を獲得したガナーズと、最終節で奇跡の逆転残留を果たしたWBA。

まずはWBAのペースで試合が始まる。

WBAがラインは低いながらも全体をコンパクトに保って守るため、スペースを見つけられず、 ポゼッションは優位ながらもガナーズは無理して攻めない。

一方WBAは最初の10分くらいはポゼッションを保ち、大きくボールを動かしながらチャンスを作る。 徐々にガナーズがポゼッションし始めると、低い位置で守るため、そこからのカウンターはないものの、 一度前に大きく蹴りこんでガナーズDFにボールを持たせ、そこにプレスをかけてハーフカウンターを狙っていく。

それでもガナーズも簡単にはチャンスを作らせない。

33分、ガナーズはヴィエラのミドルシュートあたりから徐々に攻撃に本腰を入れ始め、WBAゴールに襲い掛かる。 PA内に向かってFWが飛び込み、 そこに技術に裏打ちされた正確なパスを入れてチャンスを作るがGKのファインセーブもあり何とか前半をスコアレスで終える。

後半も似たような展開。最初はWBAが押し気味に進め、徐々にガナーズが押し戻す感じ。

WBAはワンタッチで繋いでカウンターを繰り出すなど前半よりも可能性のかんじる攻撃を見せるが、 ガナーズDFも甘くはなく得点できない。

66分、ガナーズ先制。ヴィエラ→レジェスと繋いで最後はファンペルシがゴール。 WBADFはPA前で左右に揺さぶられたため最後の場面でマークがずれていた。

それでも、ファンペルシのゴールは見事。ワンタッチ目が乱れ、その間に二人に寄せられたにもかかわらずゴールに蹴れるのは、 多分ゴールの位置が常に頭に入っとるんじゃろな 。

攻めるしかなくなったWBAは攻撃の選手を投入しゴールを狙う。僕の大好きなカヌーも出てきた。

んで、そのカヌーを中心にゴールを狙いに行くが決定機は掴めず。あっ、ダイレクトで繋いでシュートまでもって行った場面は惜しかった。 やっぱダイレクトの攻撃は見てて楽しいし、可能性が違うね。

試合は前がかりになるも、集中力と冷静さを見せ何とか凌いでいたWBADFを、 交代して入ったベルカンプとエドゥーがロスタイムに完全に前がかりになりスペースだらけになっていた所を突いて2点目でジエンド。

WBAは何度か見せたダイレクトパスでの攻撃が面白かった。もっと頻度を高められればなと。

ガナーズはあれだけの選手がいながら、ほとんどフリーランを何度も繰り返していた。これは強いなと。

この試合はリュングベリがいないためかちょっと中央にこだわりすぎていたように見えた。

posted by ユータ21 at 15:03| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和レッズvsジェフ千葉

今更ながらに見てます。(苦笑)

やっぱジェフのサッカーはおもろいね。

特に自分が気になったのは「第3の動き」

画面の外から飛び出してくる選手がなんと多いことか。

それ以外にも奪われた瞬間のプレスとか本当にいい。

TVでもこれだけ面白いんじゃけぇ、スタジアムじゃったらもっとおもろいじゃろ。今から楽しみ。

一方レッズじゃけど、前後半共に最初は良かったんじゃけど、後は停滞な感じ。

ポゼッションは確かに高いんじゃけど、ほとんど得点の匂いがしない。 坪井とかが上がってもそれ以外の選手の動きがないけぇどうにもならん。

エメがボールを持ったときは確かに怖いけど、あれだけ人数かけて守られりゃあ簡単じゃないわな。

そのエメににも(まあこれはどこのチームもやることじゃけど)しっかり複数でマークに付いて好きにやらせんし、 ほとんど可能性がない感じ。

ジェフはチームで攻撃してるのに対して、レッズは個々で攻撃している感じ。つまり最後の場面でシューターの力のみだったり、 ラストパスの選択肢が一人しか居らんような感じがする。

ジェフはその最後の選択肢が複数あって誰でもチャンスがありゃあシュートを打ってくる。それは阿部ちゃんのシュート数の多さや。 勇人の攻め上がりにも出てるのかなと。

点が入らんって解かっとてもドキドキするもんね。

TVでもこれだけ面白いんじゃけぇ、スタジアムじゃったらもっとおもろいじゃろ。今から楽しみ。

posted by ユータ21 at 09:53| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

ナビスコカップ1次リーグ第4節 東京ヴェルディ1969vsサンフレッチェ広島

J's GOALで速報見とるけど、前半終わって1-0・・・

まあ、負けてもいいや。メンバーは多分こんな感じ。

サンフ

  ガウボン   寿人

      クワシン

公太          茂原

   コウジ  カズ

  吉田  小村   池田

      下田

 

ヴェルディはこんな感じかな?

   ワシントン  平本

        玉乃

 平野           久場

    小林慶   林

  上村   戸川    李

       高木

 

カズコジのボランチが機能するのかとか、公太はやっぱ高い位置のほうが活きるのかとか、昇平が調子を取り戻すかとか、 クワシンがしっかりアピール出来るかとか、そんなほうが気になるね。

駒野は無理する必要ないし、ベット・大木が休めるのはラッキーだし、小野さんここはキムタツつかって見ませんか?

後、ウエミー頑張れ!

うーん、この交代はどうなんじゃろ?  クワシン → ベット    昇平 → 駒野   コウジ → ベンさん  確かにこの交代の後に追いついとるし、いいんじゃけどここはあきらめて経験積ましたほう がよかった気がする。キムタツとか使おうよ。  そんなこと書いとったら、  ガウボン二発目キタ━━(゚∀゚)━━!!  ガウボンは調子上げとるね。慣れたんかも。  アシストもしとるし、点も決めとる。ポスト役も前より完敗ではなくなったきたね。  まあ、それでもまだまだ弱いけど、前よりは勝てる場面も増えてきとる。  あっ、今日国立でやってんのね。てか、味スタの正式名称何つうの?  えっ、味スタが国立なの?  まあ、ええや。  あっ、ロスタイムに追いつかれとる_| ̄|○  ワシントン。  結局なんだったんだ?  もうええ。来週は若手を一杯見せてね。  (クワタは文字化けするみたい)

posted by ユータ21 at 20:08| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

UEFA CL Final ACミランvsリバプール

いや〜3:30に起きて見たかいがあったね。

前半で寝んでよかった〜(笑)

まず、試合展開から。

ACミラン

        クレスポ    シェフチェンコ

              カカ

    セードルフ     ピルロ       ガットゥーゾ

マルディーニ                                                       カフー

                           スタム     ネスタ

                                   ジダ

交代

クレスポ → トマソン 85分

セードルフ → セルジーニョ 86分

ガットゥーゾ  → ルイコスタ 112分

 

リバプール

              バロシュ

        キューウェル

リーセ シャビ・アロンソ ルイス・ガルシア ジェラード

トラオレ                      フィナン 

          ヒッピア ギャラガ 

             デュデク

交代

キューウェル → スミチェル 23分

フィナン → ハマン 46分

バロシュ → D・シセ 85分

前半55秒でミランが先制する。ピルロのFKにマルディーニがボレーで合わせて先制。

その後は両チーム均衡気味に試合が進むが、やはりミランのほうがゴールへの匂いを感じさせる。

ミランはクレスポ・シェバの両FWが常にDFラインの裏を狙い、又そこに中盤から正確なパスが飛んでくる。

また、プレスのかわし方にもミランのほうが上手い。

一方リバポはバロシュのスピードを生かしたいところだが、 ミランCBが素早くラインを下げて裏のスペースを作らない安全第一の策をとる。

また、リバポはキューウェルが足を痛めたのか、23分に退き、スミチェルが投入される。これで前はバロシュ・ スミチェルのチェコ2トップとなる。

そんな展開の中2点目を奪ったのはやはりミラン。

38分にカウンターから、それまでリバポが何度も空けてチャンスを作られていた、バイタルエリアを突かれ、カカがフリーで持ち上がる。 クレスポとシェバが見事な連動を見せ、それぞれのマークを外すと、カカはシェバにパス、 DFをひき付けた後クレスポに折り返してゴールに流し込んだ。

43分にもカウンターからカカが絶妙のスルーを通して、クレスポがこれも見事な落ち着きとシュートを見せ、3点目を奪った。

前半終えて3−0。ミランの強さだけが際立ち、リバポは単発的にしかチャンスを作れない。多くの人がこれで勝負アリと思っただろう。 僕もここで寝ようと思った。

しかしリバポに前半数少ない得点の匂いを感じさせたサイドを広く使う攻撃が後半ついに炸裂する。。

ベニテスはまず、フィナンに替えてハマンを投入し、3バックにして中盤に厚みを加える。

そしてこの策が大当たり。まず8分に左のリーセからジェラードが頭で合わせ1点返すと、 2分後にはスローインのボールを横に繋いで最後はスミチェルがここしかないというコースにぶち込み1点差。

更にその4分後、ジェラードが後方からのフィードにゴール前に走りこむとガットゥーゾに倒されPKを獲得。これをシャビ・ アロンソが一度はジダに防がれながらも、跳ね返りを押し込んでついに同点。

6分間で3点を返し同点に追いついてしまった。

その後はさすがにミランも集中しなおし、ポゼッションでも優位にたって決定機を作り出す。しかし、ユーべ・ チェルスキーを押さえ込んだDF力が復活し、リバポはゴールを許さない。

ミランはシェバが積極的に仕掛けてゴールへの意欲を見せるがリバポが守りきり同点のまま延長へ。

延長戦でもそれまでと流れは変わらず、攻めるミラン、守るリバポという図式で試合は進んでいく。 ミランは何度か決定機を作り出すが詰めが甘くゴールは奪えない。 延後にはガットゥーゾに替えてルイコスタを投入し更に前への圧力を高めるがゴールは奪えず、PK戦に突入する。

PK戦ではデュデクが反則ギリギリ(っていうか反則)の動きでキッカーを惑わせ?最初の二人を失敗させる。

リバポは失敗を一人に押さえ、最後はシェバがデュデクにストップされ、PKスコア2−3でリバポが勝利し、 5度目の欧州制覇を果たした。

 

試合の雑感としては前半は良くも悪くもミランの強さをイヤというほど見せつけられたし、 後半はリバポの粘りとCLでの強さは本物というのが解かった。

また、それ以上にボールサイドの競り合いや、低空シュートの強烈さ、そして両チームの気持ちを思う存分見させてもらった。

今シーズンCLを生で見たのは始めて・・・

一度予選のレアル・マドリーvsレバークーゼンをかなり遅れてみただけ・・・

フジさん,頼むから地方でももっと放送してくれませんかね?

posted by ユータ21 at 20:30| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。